過敏性腸症候群を改善する内科薬。

過敏性腸症候群の原因

ストレス社会の昨今、体調不良となる人も多いだけでなく病気になる人もいます。

そんな現代人の中でも増えているのが過敏性腸症候群という症状です。

これは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

どのような症状なのかと言えば、簡単に言うとトイレに何度も行きたくなる病気です。

腸が過敏に反応してしまうことにより「トイレに行きたい」と思うことが多いです。

原因は様々で、肉体的な要因の他にも精神的な要因が深く関係していると言われています。

そのため、過敏性腸症候群は治療も専門医の下で進めていくことが必要です。

増加する過敏性腸症候群の患者に合わせて、近年は対応している病院も多くなっています。

まずは放置するのではなく、症状が出ているのなら医療機関に相談しましょう。

ただ、過敏性腸症候群は「ただトイレが近いだけ」と思っている人も多いです。

もしくは「ただ緊張しているだけ」と思っている人もいるので、十分に注意したいです。

続きを読む 過敏性腸症候群を改善する内科薬。

片頭痛に効果抜群な内科薬

片頭痛の原因

誰もがストレス社会で生きている昨今、片頭痛に悩まされている人も少なくありません。

実際に片頭痛になってしまうのにはいくつか原因があり、それを解消しないことには症状が抑えられるということもないので注意が必要です。

まず、片頭痛の大きな原因の1つが、誰もが知るストレスだと言われています。

人間はストレスが溜まると自律神経が乱れ、体内のバランスが崩れてしまいます。

そうなると普段使っている脳も影響を受け、頭に痛みを感じることもあるのです。

片頭痛の多くはストレスが原因と言われているので、そのストレスをどうにかしない限り、半永久的に片頭痛に悩まされてしまうということもあるかもしれません。

続きを読む 片頭痛に効果抜群な内科薬

風邪を引いた妊婦も使える内科薬

妊婦は体調管理が大切

妊婦になるともう1人の身体ではなくなるということもあり、体調管理がとても重要となってくることはすでに多くの人が理解していると思います。
しかし、それでも突然やってくる風邪などはなかなか対処できないものですよね。
大量管理に気をつけていても、外出した際に感染してしまうこともあります。
そのため、妊婦は自己管理を徹底しなくてならず、その負担も大きいです。
旦那や夫に相談しても「仕事だから」と放置されている妊婦も少なくありません。
そうなってくると、自分で対処していくことが必要となるかもしれませんね。
妊婦が身体を壊すと、それだけでも胎児に与える負荷もとても大きくなってしまいます。
まずは自己管理を徹底し、風邪などを引かないようにすることが必要です
続きを読む 風邪を引いた妊婦も使える内科薬

内科の病院の待ち時間

病院の待ち時間は長い?

病院の待ち時間に関しては、長いというイメージを持っている人が多いですよね。

病院には毎日のように多くの老若男女が訪れるため、どうしても待ち時間が長くなります。

しかし、近年は待ち時間を少なくするように工夫している病院も多くなっています。

さすがに30分も1時間も待たされてしまうと、帰りたくなってしまうかもしれません。

そういうことのないよう、多くの病院では待ち時間削減にとても力を入れています。

そのための工夫として、病院では診療科目を増やして対応しているところもあります。

例えば、内科だけの病院であれば、患者に対応しているだけで時間がかかるでしょう。

しかし、耳鼻科や咽喉科などが併設されていれば、そちらに分散させることができます。

その他にも、実は内科の病院では他に皮膚科や泌尿器科を併設しているところも。

それらの病院であれば待ち時間が必ずしも長くなるとは限らないですよね。

内科病院の平均的な待ち時間

内科病院の平均的な待ち時間を明確に割り出すということは難しいです。

そもそもその日の患者の数によっても変わっていくので、そこは注意が必要です。

ただ、平均すると10分~20分というところが一般的なのではないでしょうか。

これも患者の数によって違ってきますが、あまり何十分も待たされるということは、近年少なくなってきています。

患者は平等に時間を使う権利がありますし、誰が優先ということもありません。

緊急の手術が必要な状況などは別ですが、その他の診察や治療は平等です。

そのため、イレギュラーなことがない限りは待ち時間もそこまで長くなりません。

ただ、人によっては予約などをせずに受診するということも多いです。

近年は予約制の病院も多くなっていて、予約がある人を優先するところもあります。

そうなると、何も予約せずに訪れてかなり待たされてしまうということもあるでしょう。

待ち時間を短くする方法

待ち時間を短くするためには、まずは自分の症状を明確にしましょう。

症状がわからずになんでも内科に相談していれば、当然時間もかかります。

鼻や耳の症状なら耳鼻科、喉なら咽喉科というように明確にするだけで時間も違います。

これは人によって感じ方も違ってきますが、症状を明確にしてから選びましょう。

また、予約が必要となるところは予約を入れてから訪れるようにしましょう。

そうやって工夫していくことによって、より対応で待たされることもなくなります。

内科病院で調べるべき評判

評判は利用者の声そのもの

内科病院のようなところは、評判もそれぞれ違ってきます。

多くの病院は患者のために日夜症状と向き合い、最適な診察と治療を提供しています。

しかし、感じ方は人によって違ってくるため、場合によっては評判も変わってくるのです。

内科の病院などを利用する際には、まずはそれらの評判も調べるべきだと言えますね。

評判を知っておけば、他の人がどのように感じているのかも理解することが可能です。

評判がすべてとは言いませんが、やはり良い評判と悪い評判の病院であれば、後者よりも前者を選ぶということが多くなるのではないでしょうか。

こればかりは人によって違ってくるのですが、情報収集してから選ぶと良いですね。

評判というのは利用者の声そのものです。

それを見ておくことによって、自分目線の意見を参考にすることもできます。

病院はそれぞれ用意している診療科目も違ってくるので、そこに注意して選ぶようにしてください。

続きを読む 内科病院で調べるべき評判

内科でのアレルギー診察

アレルギーの診察の診療科目は?

アレルギーに悩まされている時、病院に相談したいということもありますよね。
しかし、そもそもその症状がアレルギーなのかどうかもわからないという人もいます。
そういう時には、まずは内科で診てもらうというのが良いかもしれません。
内科は症状に合わせて診察することができ、多くの場合はマルチに対応してくれます。
アレルギー反応によっては風邪と勘違いする人も多く、内科を受診する人も多いです。
特に花粉やハウスダストなど、身近なアレルギーなら内科でも診てくれるかもしれません。
ただ、こればかりは診療科目もそれぞれの病院で違うのでそこは注意してください。
アレルギーの診察は内科でも良いですが、明らかに耳や鼻に症状が出ているなら耳鼻科でも良いですし、喉に出ているなら咽喉科でも良いです。
はたまた皮膚に出ているのなら皮膚科ですし、泌尿器に出ているなら泌尿器科もあり。
このように、それぞれの診療科目ごとに選んでみると良いのではないでしょうか。

内科でのアレルギーの診察と治療

内科ではアレルギーの診察だけではなく、治療も行っています。
そもそもアレルギー反応というのは、どういう時に出るのでしょうか。
これは簡単に言うと、アレルゲンと呼ばれるアレルギー物質が体内に入った時です。
アレルゲンを外に出すために、身体が防衛本能として鼻水やくしゃみを出すのです。
これは花粉やハウスダストの説明となるのですが、他にもアレルギーは色々な症状を引き起こすことがあるため、一概には言えません。
アレルギーによっては熱が出る人もいれば、皮膚に出る人もいます。
これらのアレルギー反応は、どちらにしても身体の防衛本能に近いです。
そのため、症状を感じた時には内科で診察を受けてみてください。
内科では薬によってアレルギー症状を抑えるなどの治療をメインとしています。
その他、原因によっては違うアプローチをしたりすることもあります。

自分でできるアレルギー予防

アレルギーというのは、自分で予防することが重要となるでしょう。
そもそもアレルギーは体質によるものなので、アレルゲンを体内に取り入れれば、何度でもその症状が出ることもあります。
そのため、自分で毎日のように予防しておくということが必要です。
花粉やハウスダストなら、取り込まないようにマスクをするなどの対策が必要です。
これらに関しては人によって大きく違ってくるで、そこは注意してください。
予防についてのアドバイスなども専門医にしてもらうと良いかもしれません。

呼吸器の診察

呼吸器の診察

内科ではいろいろな臓器の診察をしており、呼吸器の診察もやっています。
呼吸器の症状というと咳が出るというものが代表的ですね。
風邪をひいており、発熱や鼻水などとともに咳が出ることもありますし、風邪はもう治っているのに咳だけが止まらないという症状もあります。
咳といっても、ぜーぜーひゅーひゅーといった喘鳴を伴なう咳、痰を伴なう咳、軽い咳、呼吸も苦しいほどの咳など、いろいろなものがあります。
これら呼吸器が原因と思われる症状について診察を受けたいときは内科を受診するといいでしょう。
続きを読む 呼吸器の診察

新宿駅近くでの風邪の診察

駅近くで風邪の診察を受けるなら

風邪は季節を問わずひく可能性があり、実際にひくと仕事などに影響が出ることも多いです。
症状がひどいときなど病院で風邪の診察を受けたい場合もあるでしょう。
なるべく新宿駅の近くでこの診察を受けられる病院を選びたいなら、新宿駅西口近くの内科などおすすめです。
駅から徒歩一分で来院できる病院ですから、駅の近くという条件はばっちりです。
そしてこちらの病院がおすすめなのは、診察までの待ち時間が短いため。
ちなみに予約などは一切不要で、診察時間内に保険証をもって来院すればいいだけです。
それでも診察までの待ち時間が短くなるのは、こちらの病院が待ち時間の短縮を目指しているためです。

新宿では時間のない忙しい方も多いですが、すると病院の待ち時間が長すぎると利用できない方も出てくるのですね。
そういう方でも病院を利用できるようにと、こちらの病院は待ち時間の短縮を目指し、スピーディな対応を心掛けているのです。
そのおかげでこちらの内科は新宿駅近くにある病院の中でも、すぐに診察を受けられて助かったとの評判が多いです。
早く風邪の診察を受けてゆっくり休みたい方など、こちらの新宿駅西口近くの内科は特におすすめですね。

新宿駅近くにはほかにも内科がたくさん

先にご紹介した病院は比較的おすすめですが、そちら以外にも新宿駅近くには内科があります。
別の病院がいい方はこれらその他の駅近の病院の中で選んでみるといいでしょう。
たとえば新宿駅から徒歩三分の病院があります。
こちらの内科の特徴は予約診療をやっていること。
多くの病院で予約不要での診察をやっていますが、予約の上で受診した方が時間の目安がわかってうれしい方もおられるでしょう。
しかし予約診療をやっていない病院で診察の予約は取れません。
こちらの新宿駅近くの内科では予約診療をやっているため、希望する方は事前に予約をしたうえで来院すれば目安時間近くに診察を受けられます。

このほかではやはり新宿駅から徒歩三分の内科も比較的おすすめです。
駅に近いほか、こちらでは比較的多くの診察科に対応しています。
風邪での診察はもちろん受けられますし、風邪でない可能性も含めて診察を受けたいときなどにも比較的向いている病院です。
さらにこちらの病院は土曜日でも診察をやっている場合があるため、タイミングが合えば平日以外でも診察を受けられるのも特徴です。
新宿駅の近くの内科で風邪の診察を受けたいときにはこのような病院が比較的おすすめです。

休日の診察

休日の診察は受けられる?

病院は基本的に平日が利用日となっていますが、そこでは仕事が忙しく、病院が利用できないというのはよくあるお悩みです。
できれば休日に診察を受けたい方もおられるでしょう。
これは可能かというと、しっかり病院を選べば実は可能となる場合があります。
まず休日の診察というと、具体的には土日祝の診察となるわけですが、ここで診察をやっている可能性があるのは土曜日の午前中までとなり、それ以外の時間帯は休診となる病院が多いですよね。

これについて、新宿ではたとえば駅近に一軒、休日の診察もやっている病院があります。
そちらは土日祝日も一部の時間帯に限り、診察を行っています。
平日は午前中から夜遅くまで診察をやっている病院になりますが、土日祝日は時間短縮での診察となり、土曜日は10時から14時まで、日曜と祝日は10時から17時までの診察御なります。
いつもと診察の時間帯が違うため、スケジュールをよく確認する必要がありますが、休日でも診察を行っている貴重な内科となります。
平日はどうしても病院を受診する時間が取れない方や、休日に急に具合が悪くなった方など、このような内科を利用するといいです。

休日の診察の注意点

休日に内科で診察を受けるときの注意点ですが、まず先にも少しご紹介した診察時間です。
土日祝日でも診察をやっている内科は新宿でいくつか見つかりますが、その多くで平日に比べると短縮された診察時間となります。
平日とまったく同じ時間帯で診察をしている病院は少ないですから、知っている病院だったとしても休日の診察時間は改めて確認してください。
このほか、なるべく早めに受診するのも大事です。
休日は多くの内科が休診となるため、この日にも診察をやっている病院には新規の患者も含めて利用者が集中しがちです。
平日以上に患者が混み合うことが多く、待ち時間が非常に長くなったり、場合によっては診察の受付を早期に終了したりする場合もあります。
休日に診察を受けたい場合、なるべく早く来院して受付しておくのがおすすめです。

病院の休診日は避けよう

なお、休日の診察といっても、その病院の休診日にはどこの内科でも診察を行っていないことがほとんどです。
普段その病院が行きつけとなっており、できればそこの病院で診察を受けたい方もおられるでしょうが、休診日には原則診察を行っていないため、休診日は避けて受診を考えてください。
その病院の休診日に具合が悪くなるなどした場合、その日に診察をやっている別の内科を受診し、後日、改めて行きつけの病院を受診するという流れとなります。